読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

一流 Beauty予約えつらく Eturaku Blog☆

Luxury・ビューティ・旅行 をこよなく愛する えつらく Eturaku 気ままなBlog。

ON⇔OFF 【アトピー奮闘記(2)】(※Private)

みなさま、こんばんは。
いつもアクセス、ありがとうございます。
ずいぶんと涼しくなって、夜はちょっと肌寒いくらい、過ごしやすくなりました。

最近やっと、経過がよくなってきたので、プライベートな表題の話題。
アトピー奮闘記(2) 


アトピーで悩みがちな方、今、アトピーを治したい方に


☆.。.:*・゜


アトピー体質とのお付き合いは一生、しかも、症状が出てしまうと、一進一退。
良くなった、と思ったら、すぐに体調などでぶり返す場合があります。

今のわたくしの肌ですが、ほぼアトピーが全身おさまってきました。ここまで3か月くらいかかりました。
目の下や目のまわり、腕や足の部分的な個所が赤く、かゆみが出ているくらい。
ただ皮膚科の薬を続けているため、完治したとはいいがたいのですけれど・


この約3か月間、アトピーのために実践してきたこと


1, 食事制限 (※6月最初の日曜からなので、約2か月と4週間目)
 アレルゲンとなるものを食べない。小麦、卵、牛乳(乳製品)、砂糖、脂っこいもの、肉類
  野菜、果物を多めに摂る。
 これを徹底したのは、20歳ごろのとき以降なので、久しぶり。
 これをしたほうがいい!、と断言するわけではないのですが、6月に比べ、お肌がかなりよくなっていることは確か。

2.皮膚科の薬をちゃんと使う。
 お医者さんの指示に従って、アトピーがひどくなってしまった場合は素直に使いましょう。
 個人的にはステロイドの良くない副作用の症状を経験したことがあったので、苦手で使いたくなかったけれど、
 ひどくなりそうなときは、迷わず皮膚科を受診して指示に従いましょう。

3.水のシャワーを浴びる。(入浴時間以外にも可能なとき、可能な限り、こまめに)
 ちょっと調べましたところ、自分自身の「副腎皮質ホルモン」を増やすことができるそうで、その方法が、水のシャワー(真水を浴びる)。 
 確かに、以前よりはお肌が丈夫になってきているような・
 今も続けているので、また変化があったら、Blogに書いてみたいと思います。


4. ON と OFF をちゃんと切り替える

 今回のアトピーをきっかけに、ストレスや疲れをため込みやすい性格を改めて自覚し、生活習慣などを反省しました。
 なぜなら、とても悲しくなるくらい、お肌が弱ってしまったから。
 自分自身に、今までとは違う意味でも向き合うきっかけになりました。

 なにが大切なことなのか、それは、その人にしかわからないことだから、このあたり、うまく書けませんけれど。
 ただ、えつらくの取材をきっかけにこれを考えるきっかけをくださった、Villaさんで受けた施術やアドバイスもお肌の結果に確かにつながっているので
 

 「ON と OFF を切り替える習慣をつくる。」


 これを一番、アトピーで悩む方におすすめしたいです。
 
 アトピーになりやすい方は、神経が繊細な方も、なんとなく多い気がしますので、
 お忙しかったり、なかなか実践しにくいかもしれないですね、でも、何かのご参考になれたら幸いです。

 

f:id:ouvea:20150824233859j:plain

また、何かご報告できそうなことがあったら、Blogでご紹介します。


ボディ・リラクゼーションhttp://eturaku.jp/cat_list.php?ccd=10

 

゚・*:.。. ☆.。.:*・゚

こちらでも、「えつらく」の発信をキャッチできます。

Twitter 

twitter.com

Facebook 

www.facebook.com

広告を非表示にする