一流 Beautyえつらく Eturaku Beauty+☆

Luxury・ビューティ をこよなく愛する えつらく Eturaku 気ままなBlog。

「かき氷」みたいな夕焼け色。& かき氷

みなさま、こんばんは。
いつもアクセス、ありがとうございます。
今日の夕焼けを見たかた、いらっしゃいますでしょうか。

金色に輝いて、ものすごくキレイでした。
その後は、いちご味のかき氷みたいな、ずっと濃いピンク色。

 

 

 

気が早いのですけれど、本日はかき氷について。

●「かき氷」(Shaved Ice topped with flavored syrup,Frappe)

●「かき氷」の歴史

史実上の記録は平安時代清少納言の『枕草子』「あてなるもの」(上品なもの、良いもの)の段に、
金属製の器に氷を刃物で削った削り氷(けずりひ)に蔓草の一種である甘葛(あまかづら)をかけたとして
「削り氷にあまづら入れて、新しき金鋺(かなまり)に入れたる」と記述されています。

1869年(明治2年)、神奈川県横浜にある馬車道で町田房造が初めての氷水店をオープン。
(日本でアイスクリームを発祥させたお店)

1878年 (明治11年)、粗悪な氷が販売される事を取り締まるために内務省から「氷製造人並販売人取締規則」が公布されました。
これにより営業者は、「衛生検査に合格した氷の生産地・販売者名を示したのぼりや看板を掲げる事」が義務付けられました。

第二次世界大戦前のシロップ(味)の種類は、削った氷に砂糖をふりかけた「雪」、砂糖蜜をかけた「みぞれ」、小豆餡をのせた「金時」が普通のメニュー。
戦後は、専用のいちごやレモン風味のシロップが販売されるようになり、「雪」は姿を消しました。


●かき氷のレシピ (Shaved Ice Recipe)
※シロップのかけ方や量は地域差があります。

1 器の準備
あらかじめかき氷を入れる器を冷凍庫などで冷却しておきます。

2.氷 ⇒シロップ ⇒×2回

器にかき氷器を用いてかき氷を少し載せて、シロップをレードル(甘露尺、甘露杓子)一杯をかけます。

つづけて、かき氷器を用いてかき氷をさらに盛っていきます。
この時、器は斜めにして、まんべんなく回転させて山盛りになるように盛りつけます。

シロップを1~2杯程度かけます。

3.トッピング

氷の上に盛りつける果物や添え物などのトッピングを載せていきます。

できあがり

食べたい味&好きな味

f:id:ouvea:20060902171155j:plain

Rose & berry

f:id:ouvea:20150609224833j:plain

Matcha ☆

f:id:ouvea:20070929132354j:plain

Fruity

f:id:ouvea:20130710152258j:plain

etc.


image :Google search

P.S.
今のわたしの場合は、砂糖はNGだけど、
またお肌が元気になったら、おいしいのを食べてみよう・

広告を非表示にする